TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • 夏の麺
    つくって、食べて、旅をする

    本格的な夏が近づいてきました。暑い季節がやってくると、食欲も落ちてしまいがち。そんなときには“つるっと“のど越し良く、そして手軽に食べられる「麺」がぴったり。冷たさやのど越しはもちろん、簡単な調理で、すぐに食べられるのも魅力です。夏の間、毎日の食卓に欠かせない麺をおいしくたのしみませんか? 出汁にこだわってシンプルに素材を味わったり、食べ方のアレンジをたのしんだり。おもいきって麺の産地を訪ねてみたり。たのしみ方もさまざま。TODAY’S SPECIALでは、つくって、食べて、麺の町を旅する「夏の麺」をご紹介します。

    *「麺」の写真は、東小金井にある食堂「あたらしい日常料理 ふじわら」さんにて。

    “だし”で味わう

    素材のおいしさを引き立たせる出汁があれば、凝ったことをしなくてもいつもの料理がごちそうに。麺をおいしく味わうのに、おいしい“だし”やつゆは欠かせません。丁寧に“だし”をとる時間が無いときには、コツいらずで、手軽に“だし”がとれる「だしパック」や「つゆ」を使えば、麺本来の味や風味を感じる本格的な味わいを手軽にたのしむことができます。今回は「“だし”パック」や「つゆ」を使ってつくる、簡単なレシピをご紹介。いつもの麺をもっとおいしくたのしみましょう。

    麺をたのしむためのうつわ

    そうめんにはガラスのうつわ、家族や友人と麺を囲むときには大きめの鉢。お蕎麦にはざるがしっくりくる…とか。季節や旬の食材、それぞれの食べ方にあう、うつわと料理の組みあわせを考えるのも、たのしみのひとつ。見た目が涼やかなガラスのうつわや、フリーカップとしても重宝するそば猪口など、夏に活躍するうつわが揃います。

    TODAY’S SPECIAL各店では、各地のおいしい麺が揃います。
    今年の夏はつくって、食べて、麺の町を旅する「夏の麺」をたのしみませんか?

    夏の麺

    2018/6/29(金)- 8/23(木) Jiyugaoka / Shibuya / Shinjuku
    2018/6/30(土)- 8/24(金) Hibiya / Kyoto / Kobe

    *会期最終日は、17時までの開催となります。

     

    夏の麺
    つくって、食べて、旅をする

    アレンジでもっとたのしむ

    COMING SOON
    7月20日(金) 公開

    “麺の町”小豆島のつくり手、つくりたて

    COMING SOON
    8月3日(金) 公開
     

    夏の麺
    ITEMS

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?