TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • 夏の麺
    アレンジでもっとたのしむ

    シンプルにおいしい“だし”や“つゆ”で味わった後は、つけ汁や具材、食べ方をひと工夫すれば、幅広い味わいがたのしめます。いつもとは違うおいしさを求めて、東京の東小金井にある食堂「あたらしい日常料理 ふじわら」へ。

    藤原奈緒さんがつくる“ふじわらのおいしいびん詰め”は、いつもの料理にちょっとプラスするだけで、新鮮な味わいを感じさせてくれる、毎日の食事づくりに寄り添ってくれる万能な調味料。「家庭のごはんをより手軽に、さらにおいしく」をテーマに、食堂やオリジナルの調味料を手がける藤原奈緒さんに、今年も「夏の麺」のたのしみ方を教えていただきました。

    パクチーレモンオイルで味の濃淡をたのしむ

    夏の食卓に並ぶ機会の多いそうめんは、いつも同じだと食べ飽きてしまったり、物足らなさを感じたり…。淡白な味だからこそ、いろいろな味付けや食べ方をたのしめるのもそうめんの魅力。

    「シンプルな料理は、食べる時にひと口ずつ味わいに変化があるとおいしく感じると思います。薬味のようにパクチーレモンオイルをたらすだけで、味の濃淡が楽しめます」いつものそうめんにパクチーレモンオイルをほんの少し加えると、爽やかなレモンとパクチーの香りがふわっと広がり、香りと深みがプラスされてくせになるおいしさ。

    パクチーレモンオイルの塩気と苦みが味のポイントになるので、“麺つゆ”は薄めにつくるのがポイント。 “麺つゆ”も家庭で簡単においしくつくれます。

    “麺つゆ”をつくっておく

    「暑い夏場は、火を使うのは最小限にしたいですよね。“麺つゆ”をつくっておいて、あとは簡単にアレンジしましょう」と、お話の端々に毎日の食事づくりのヒントが。“麺つゆ”にきゅうりをすりおろして、あわせるだけ。そこに“にんにくえび塩”をふりかければ、えびの風味やナッツの食感がたのしめ、ごま油をたらせばまろやかな風味が増していきます。

    特別なことや難しいことはなるべくしないで、ちょっとした変化をプラスするだけ。たったそれだけでいつもの料理が新鮮な味わいになっていく。ふじわらさんの“おいしいびん詰め”を使ったレシピには、そんなアイデアが満載です。

    混ぜるだけのカレーうどん

    ふじわらさんの“カレーのもと”は、高知県産のしょうがをたっぷり使ったカレーペースト。しょうがでつくったカレーは、すっきりしていて食べやすく、小さいお子さんでも食べられます。“カレーのもと”を米油でのばしたら、味のアクセントに“パリパリいりこ(山椒)”をちらして混ぜるだけ。あとは納豆やお好みの夏野菜をのせればできあがり。

    うどんを茹でている間に食材を切って和えるだけ、さらには冷凍うどんを使えばあっという間に作れてしまうカレーうどん。食べごたえのある味と仕上がりからは想像できない手軽さです。

    ふじわらさんの “おいしいびん詰め”や、それらをつかった料理には、いつでも家庭でおいしいものが手軽につくれるようにと、そんな思いが込められています。

    そんなふじわらさんの“おいしいびん詰め”を使ったレシピを、詳しくご紹介しています。ご家庭でぜひお試しください。

    *店頭でもレシピを配布しています。

     

    夏の麺
    つくって、食べて、旅をする

     

    夏の麺
    ITEMS

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?