TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • 正金醤油
    おいしさよりも、ここちよさ

    「正金醤油」のもろみ蔵に足を踏み入れると、空気は澄み切っていて穏やか。木桶口周辺の足場にも、もろみの飛び散りがなく、嘘みたいに清潔に保たれています。

    迎えてくれた4代目・藤井泰人さんは、「簡単といえば簡単なんやけど、なかなか難しい」と、長く専門としているはずの醤油づくりについて、ごく控えめに話しはじめます。「難しいというのは、やっぱり製造者っていったら“おいしいもの”をつくりたがるんやけど、あんまりおいしすぎても、くどい。そこいらがね」。

    ここちいい蔵

    「しょうもない話をするとね、“おいしさ”やったり、“濃厚さ”やったりね、そういう言葉は使わんようにしてるんです。料理全体としての仕上がりとか、そういうことを考えて、ちょっと抑えめで心地いいようなものをつくりたい。蔵もそういう感じでしょう? うちの蔵は、一番いい香りのする蔵。気持ちのいい蔵です」

    毎日の食卓に寄り添う醤油だからこそ、行き過ぎのおいしさは不要。それを誰よりもひたむきに追求しながら、藤井さんは、おごらず慎ましい。その分だけ、ときおりちらりと覗く自負に、なみなみならない説得力を感じます。

    正金醤油

     

    夏の麺
    つくって、食べて、旅をする

     

    夏の麺
    ITEMS

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?