TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • 人生にとって大切な人を思い浮かべる。

    あなたにとって「あの人と出会ってなかったら……」と、思える人はいますか?人生の筋道をいざなってくれた、エポックな出会い。マジックのような転機。1年の締めくくりであるホリデー、そんな大切な人のことを浮かべながら、想いをもう一度ふちどってみましょう。
    ここにお贈りするのは、京都で「FLOWER griotte」というフラワーショップを営む松本恭枝さんのストーリー。

    大阪のファッション系学校を卒業後、とある雑貨屋さんで働いていた松本さん。

    「お花には、もともと全然興味がなかったんです」

    穏やかながらも、ぽーんと明け渡すような口ぶり。「ただ雑貨屋さんで働いていたとき、ディスプレイ替えをしないといけない。そこに商品だけじゃなくグリーンや花が入ると、ぐっと空気感が変わるのは分かっていました」

    分かってはいたものの、花を買いに行くのが苦手。お店に行っても何を選べばいいのか、途方にくれるばかり。そんなネガな意識をくるっと反転させたのが、フラワーコーディネーターとして活躍されていた高橋郁代さんの記事でした。「こんな素敵な花があるんだ」と感動し、その「普通のお花屋さんとはまったく違う」提案にシビれ、イベントに参加したり撮影の手伝いをするうち、あれよという流れで、彼女の営むお店「ル・ベスベ」のオープニングスタッフとして働くことになりました。

    花の仕事に向いてるなんて、したい気持ちがあるなんて、思ってもみなかった。だけど確実に惹かれている自分もいたと、松本さんは言います。

    花を選ぶ、飾る。暗黙のルール。

    「高橋さんのお花は写真で見るより、実物がほんとにきれいなんです。撮影とかで連れて行ってもらっても、いつもものすごい早さで仕上げるので、もっとゆっくり見たい!って思ってました」

    「こういう感覚は、口で伝わるものじゃないから、身に付けななきゃだめよ」と、決して言ってはくれないけれど、その組み合わせには「暗黙のルール」があったといいます。

    ブーケやアレンジに使う花は、色のトーンや質感を揃える。
    一種類できれいなら、無理して合わせない。
    季節感はとても大切。

    「年じゅうある花も、その花が咲く季節に合わせて使うようにしていました」
    そんな高橋さんの哲学とも言えるセンスを浴び、身に付けた松本さん。この日のおもてなしにも、十全に生かされていました。

    後編につづく

    FLOWER griotte 松本 恭枝さん

    Instagram

    TODAY'S SPECIAL Kyotoでは、松本さんを講師にお迎えして、毎月季節の草花をつかったワークショップを開催しています。

    開催店舗
    Kyoto
    松本さんの12月開催ワークショップはこちら
    *ご予約、詳細などはEVENT&WORKSHOPページにてご確認ください。

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?