TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • ハーブの育て方

    育てるのも収穫するのも手軽にできるのがハーブの魅力。自分で育てたハーブは料理やクラフトに、さまざまな利用ができ、摘みたてならではのフレッシュな香りと風味がたのしめます。またハーブは、人が食べるものなので、虫も食べにきます。そんなハーブを育てる時の、いくつかのポイントをご紹介します。

    ハーブの育て方
    ・日当たりのよい、風通しのよい場所においてください。
    ・土の表面が乾いたらたっぷりをお水をあげましょう
    ・水は根元に流し込むように。花や葉っぱにかかると痛みの原因に。

    収穫
    ・高さが10-20cm位になったら、若い芽を先端から手摘みや小さなハサミを使って収穫します。
    ・収穫を長くたのしむには蕾がついたらとるようにします。

    虫や病気対策
    ・早期発見と早期駆除が大切。春ぐらいからが注意です。
    ・発見した時は、歯ブラシなどで駆除し、ひどい時は枝ごと切りましょう。
    ・葉が込みあって、蒸れないように刈り取りましょう。
    ・病気を発見したらほかに広がらないように、すぐにその部分を切り取ります。
    ・木酢、竹酢液(市販)を、葉の表、裏、茎にたくさん吹きかけます。

    目安:2Lのお水に、木酢、竹酢液(市販)を小さじ1杯ほどを入れ、スプレーで吹きかけてください。

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?