TODAY'S SPECIAL

PAGE TOP
  • 暮らしの文具市

    身近にあるいろいろな“こと”や“もの”がデジタルに変わっていくけれど、だからこそ「書く」という行為は日々の中にある大切な時間。「大事なことを記録する」「新しいアイデアを考える」「大切な人へ想いを伝える」。そんな時間に関わる一本の筆記具や一冊のノートは、愛着の持てるものを選びたくなります。

    ペンケースの写真は、実際に使われている個人のものをお借りしました。書き心地や使いやすさで選んだり、機能やデザイン重視だったり。何故かペンケースに入っていると安心するものなど。ペンケースやその中に入っているものを観察すると、使っている人の愛着やこだわりを感じます。

    そんな小さいけれど魅力あふれる文具の世界を広げてみませんか?

    書く、描く、 記録する

    「書く」をひとつとっても、使う文具のどこに愛着を感じるかは使う場面や人それぞれに違うもの。使う頻度の高い筆記具には、書き心地や手に馴染む感触が重要だったり。デスクのペンスタンドに立てて置くなら、電話がかかって来たとき手にとってすぐに書きだせる鉛筆があると、ストレスなくメモをとることができる。自宅のペンスタンドには、お土産で頂いたユーモラスな色や形のペンや鉛筆が、不思議と増えていたりするのもたのしい。そして紙と筆記具の相性も大切。それぞれの相性で書き心地が全く違うから、たくさん試しながら自分にあった一本と一冊がみつかれば、それが長く使いたい文具として暮らしに馴染んでいき「書く」時間がよりたのしくなっていきます。

    まとめる

    こまごましたものが増えていき、こまごましたものがたのしいのも文具の魅力。大小、形さまざまなクリップは買いやすい価格のものが多いこともあり何故か惹かれてしまうし、どんどん増えていく名刺の一時避難場所には、丁度よいサイズのボックスがあるとデスク周りが整います。小さな紙きれが好きな人には、ポケット付きのノートがあれば、旅や映画のチケットなどを整理しながら、時々開いて眺めることもできて、余白には忘れないように記録やメモを書いておくこともでる。そんな機能が魅力の文具もあります。

    一息つく

    仕事や勉強の合間に一息つくのに、お気に入りのマグカップとコーヒーも欠かせないアイテム。集中したいときには少し深入りのブレンド。リラックスしたいときにはマイルドなブレンドを。ユーモラスな鉛筆を添えてギフトにも喜ばれそうです。

    日々に寄り添い、少しだけ毎日を豊かにしてくれる文具たち。そんな魅力にあふれる文具の世界を広げてみませんか。


    暮らしの文具市 会期
    8月24日(金)~9月20日(木)Jiyugaoka / Shibuya / Shinjuku
    8月25日(土)~9月21日(金)Hibiya / Kyoto / Kobe

    *会期最終日は17時までの開催となります。

     

    暮らしの文具市
    ITEMS

    BACKNUMBER

    商品カテゴリ

    今日をどう楽しむ?