TODAY'S SPECIAL

カートの中身を見る
PAGE TOP

FLOWERS
花のあるくらし、はじめませんか

つぼみがふくらみ、もうすぐやってくるあたたかい日差しの春。花のあるくらしをはじめる準備をしませんか。

花は選ぶ花器によって表情がかわります。好みや生活にあわせて、日々にすっと馴染む自分らしい “飾りかた” や “たのしみかた” をみつけましょう。

春先から初夏にかけて咲くユリなど大輪の花は、その凛とした佇まいや美しい花姿が魅力。その見た目の豪華さからお祝いで贈ったり贈られたり「ふだん」には、なじみにくい印象があるかもしれません。いただいた花束など丈のながい花は、飾るときバランスをとるのが難しいと感じることも。

どんな花も特別な日だけじゃなくサラっと飾れたらいいなと、そんな想いから花器を選んでみました。

丈のながい花や枝を飾るとき大事なのは、ボリュームや重さに負けない安定感。お水がたっぷり入って重さが加わると安定感も増します。

そして口径の大きさも重要。口が広すぎると活けた花に角度がつきすぎてバランスを崩してしまうことも。肩幅があって首がスッとしているかたちの花器は、安定感とバランスの両方をかなえてくれるので、ひとつあるととても重宝します。

スペインのリサイクルガラスでつくられた花器は、淡いブルーグリーンの色味や、手仕事ならではの ぽってり とした あたたかみのある質感が、活けた花の印象をやわらかくしてくれます。そうすると豪華な花も 「ふだん」の部屋の雰囲気に自然と馴染みます。生花をたのしんだあとは、ドライフラワーを挿して部屋に飾っても素敵です。

生活のなかにひとつ気に入った花器があることが、季節の花をたのしむきっかけになるかもしれません。自分らしい “飾りかた” や ”たのしみかた“ をみつけて、花のあるくらしをたのしみませんか。

FLOWERS

2月22日(金)~3月14日(木)
Jiyugaoka / Shibuya / Shinjuku
2月23日(土)~3月15日(金)
Hibiya / Kyoto / Kobe

*TODAY’S SPECIAL 各店では「花のあるくらしをたのしむ」ための、花器やアイテムを特集しています。
*会期最終日は17時までの開催となります。

 

FLOWERS
ITEMS